受験前に確認しよう

筆記用具

ネットや情報誌を活用

大学受験を控えた高校生や保護者が希望校を選ぶ決めては何でしょうか。偏差値、通学のしやすさや自分の興味がある学科の有無など色々ありますが、大学選びで負担になるのはやはり学費ではないでしょうか。大学入試を受験する学生が皆国公立を受験できるわけではありません。私学も選択肢に入れる学生が多いでしょう。今は受験方法も多様になってきているため、自分の得意分野を活かせる試験を実施する大学を選ぶ選択肢も増えています。入学金、通学なら定期代、一人暮らしなら毎月の生活費など色々お金がかかってしまうのが大学生です。決して安くはない学費、どのように比べればよいのでしょうか。ポイントを2点紹介します。1つ目は高校でよく配られる大学情報誌です。この情報誌には在学生の人数や学部学科紹介と一緒に、年間の学費がきちんと記載されています。一冊にたくさんの情報が載っているため、興味がある大学ページを確認すれば入学した後いくら費用がかかるのかがよくわかります。2つ目はインターネットを利用する方法です。現代はネット上に豊富な情報が存在します。ネットでは情報誌と違い、学費が安い大学ランキングを見る事が出来ます。学費が安い大学から順番に調べることも可能になるのです。他にも奨学金制度や教育ローンなど学費に関する情報を一緒に調べることも可能です。簡単に様々な情報が一度にわかるネットを利用することは、学費を比較する点で大きなメリットになります。